いろんな悩みを解消してくれるボトックス注射【輪郭もきれい】

実績と経験が決め手

注射器

適用外となる人がいます

ボトックス注射は美容外科や美容皮膚科で行われる代表的なしわ取り治療です。定期的に注射をするだけで、しわの目立たない若々しい表情を取り戻す事が可能です。人は表情筋を動かす為にアセチルコリンという神経伝達物質を放出しますが、この物質を薬剤の効果で止めて筋肉を弛緩させ、リラックスした状態にします。注射部位や薬剤の量を加減し、しわやたるみをコントロールすることで、理想的な表情にする事もできます。従来のしわ治療では顔の皮膚を切除して後ろに引っ張り、縫い合わせる方法が主流でした。この様なメスを使用した手術は、結果は得られるものの、患者にとってある程度の負担を覚悟しなければならず、決断できずにいる人も少なくありません。しかしボトックスなら注射部位や本数にもよりますが、施術にかかる時間は10分程で完了します。しかもその他の方法と違い、ダウンタイムが殆どなく、施術を受けたその日から普段通りに過ごすことが可能です。更に洗顔やメイク、食事などについても制限がないのがメリットです。ただし激しい運動や熱いお湯での入浴、飲酒などは注入した薬剤が分散して効果が半減してしまうことがあるので、避けることが必要です。そしてボトックス注射による副作用の心配は殆どありませんが、中には内出血や腫れが起きてしまう人がいます。そのような状態を避ける為にも、症例数が多く実績のある名医を選ぶことが必要です。名医を早く見つける為には、各美容外科や美容皮膚科のホームページの情報に加え、人気ランキングサイト、口コミサイトなどの評判を参考にするのが便利です。ボトックスは深刻な副作用がなく、気軽に利用できる美容医療として広く人気を集めています。しかし施術が受けられない人や避けた方がよい人もいます。特に授乳中の人、喘息がある人は悪い影響を及ぼすことがあるので注意が必要です。妊婦については、理論上は胎児へ届くことはありませんが、影響を考慮して使用を控えた方が無難です。更に筋無力症などの全身性の筋肉の病気を患っている人や抗生物質を使用している人は適用外となるので、自前に医師へ伝えておかなければなりません。そしてボトックス注射は、注射をする部位と注入する薬剤の量で仕上がりに差がでます。個々に応じた細心の配慮をすることで理想的な状態とすることができます。特に顔への施術で魅力的な表情とする為には、高度な医療技術だけでなく、美的センスも求められます。そのような豊富な経験と確かな技術を持つ医師を見分けるには、いくつかのポイントがあります。まず一定期間専門の医療機関に従事したことのある専門医であること、更にアラガン社の認定した注入指導医であることがあげられます。各美容外科や美容皮膚科のホームページには、これ等について記載されているので確認することができます。実際にボトックス注射を受ける医療機関を選ぶ場合には、広告の宣伝文句や価格競争に惑わされることなく、この様な正しい知識を持って決めることが大切です。まずはカウンセリングの予約が必要ですが、受ける前にこちらの要望をきちんと整理しておくことが必要です。それに応じて希望に合う内容のプランを提示してもらえます。